わきがかどうか分からない場合はどうやって判断する?

自分がワキガなのかどうかというのは、自分ではなかなか判断が難しいところです。自分ではワキガだと思っていても、それが単なる思い込みだったと言うケースも実際にはあります。

 

反対に自分がワキガではなないと思っていても、実際はワキガだったというケースもあります。

 

では客観的に自分がワキガなのかどうか判断するためにはどうすればいいのでしょうか?

 

いくつかワキガの特徴があるのですが、それを参考にして自分がワキガなのかどうか判断していくことになります。

 

例えば白いTシャツのワキの部分が黄ばんでいるとか、体の体毛が濃いなどの特徴がワキガにはあります。

 

もちろん上記のような場合が即ワキガだと決定するわけではないですが、参考になります。

 

上記に比べてさらに両親のどちらがワキガだとワキガの確率はさらに高くなります。ちなみに両親のうち片方がワキガの場合は50パーセントの確率で遺伝します。さらに両親がワキガの場合は80パーセントの確率で遺伝すると言われています。

 

こうして見るとワキガは非常に遺伝的な要因が強いことがわかりますよね。

 

自分がワキガかどうか判断するにはまずは家族にワキガの人がいるのかどうか調べてみるといいと思います。

ワキガを改善するにはどうすればいい?

ワキガって上記のように遺伝的な要因が強いと説明しましたが、生まれつきワキガで生まれてくる訳ではないです。

 

実際に子供や幼児でワキガという子はいないと思います。ワキガは性ホルモンと大きな関係があるといわれているので、思春期くらいから発症することが結構多いようです。

 

ワキガはアポクリン汗腺と呼ばれる部分からニオイが出ているといわれています。

 

そうは言ってもワキガのニオイは人によって違いが出てくるので、個人差が結構あります。その理由としては体質的な理由もありますが、他にも普段の生活や食生活も大きな要因担っています。

 

やはり肉や脂質の多い食生活をしているとにおいが強くなります。他にもストレスが強いと臭いが強くなるといわれています。

 

ちょっとした食生活や生活習慣の改善でもニオイが大分変わってくるので注意してみるといいです。

 

ちなみに私もワキガで悩んでいたのですが、今ではにおいもなくなって改善に成功しています。

 

やり方は非常に簡単で食生活やストレスに注意して下記のようなわきが改善商品を利用しただけです。